携帯・スマホ

スマホの画面が割れた!!風水上縁起が良くない?スマホ画面割れの対処法。

 

「スマホの画面にヒビが!」

 

こんな経験、したことはないだろうか。

 

スマホユーザーの3人に1人は、故障を経験する。

 

故障のなかでももっとも起こりやすいのが、落下による画面割れである。

 

この記事では、スマホの画面割れとその対処法についてお話しする。

 

スマホの画面割れは風水上、縁起が悪い?

風水で窓がひび割れることは、「対人運」「交際運」が落ちることを指す。

 

これはスマホの画面にもあてはまる。

 

画面が割れただけでも最悪な気分だろうが、運勢的にはさらなる下り坂が予想される。

 

運勢なんて信じないとしても、割れたまま放置していると「だらしないと」と思われる。

 

これはスマホだけでなくて、持ち物全般に言えることだな。

 

穴の開いた洋服来ているとか、不衛生なものを予感させる私物とか、良い物ではないね。

 

あと、スマホのひび割れた画面に鳥肌が立って、生理的に受け付けない人もいるらしい。

 

気持ちがわからなくもない。

 

スマホの画面が割れるってのは、やはり嫌なもんだよね。

 

 

スマホの画面割れ、そのまま使うのもあり?

画面割れは、「ガラスが割れているのか」「ガラスと液晶両方が割れているのか」「液晶だけ割れているのか」の3つに分類される。

 

よほどの割れ方をしてない限り、大抵は画面割れしていてもそのまま使うことができる。

 

ただ、少しでもヒビが入った時点で防水/防塵性能は限りなく0になってしまう。

 

また、画面割れを放置している状態で、再度落下など衝撃を与えると、内部の液晶まで損傷破損する可能性がある。

 

そうなると液漏れにつながるなど、どんどん被害が拡大する。

 

症状が悪化すると、ゴーストタッチ(タップしていないのにタッチ操作を繰り返す)が頻発したり、突如として操作不能になったりすることもある。

 

さらにガラスの破片などによる怪我をしたり、とにかく良いことは何一つない。

 

緊急時にスマホが満足に使えないという事態を避けるためにも、なるべく早めに対策をとりたい。

 

スマホの画面割れ、応急処置

「スマホの画面が割れてしまった!」

 

そんな時には、とりあえず修理に出す前に、応急処置を取ろう。

 

具体的には、透明テープや保護フィルムを貼って亀裂の広がりを抑える。

 

これで安定したように見えるが、あくまで応急処置なので、間髪入れずに次の手を取ろう。

 

修理に出す

修理に出す際、データのバックアップを取っておくことが必須。

 

内部まで破損している場合は、修理の際にデータが失われることもある。

 

どのレベルまで修理可能かは、その時の状態によるが、ディスプレイが相当派手に割れていても電源が入るなら、まだ望みがある。

 

スマホの修理を依頼できるところは、主に以下の2つ

 

  • 正規店(通信事業者・メーカー)
  • 非正規店(ネットなどで見つかる。修理を請け負う店)

 

価格・口コミを参照したうえで利用しよう(特に非正規店)

 

個人的には、正規店をお勧めする。家電製品を買う際なども全般的にそうだが、やはり名前のある企業は世間体もあってか「最悪レベル」のサービスは滅多にしない(絶対にしないとは言っていない)

 

修理代によっては買い替えも考える

故障の具合にもよるが、スマホのディスプレイはなかなか高価。

 

加えて、長い期間使い続けていると、バッテリーの劣化なども起こってくる。

 

スマホは消耗品でしかないので、2,3年に1度は買い替えよう。

 

自分で修理することもできる

amazonや楽天で、修理キットが販売されている。

 

 

自分で修理する際に注意すべきポイントは、

 

  • 自分で修理(分解)した場合、正規の修理サービスを以後受けられなくなる。
  • 故障の具合によっては個人の手に負えない可能性がある

個人的には、そういった方面の知識がある人以外にはお勧めしない。

 

事前対策が大切。

消耗品であり、精密機器である以上、不具合・故障は発生して当たり前だ。

 

購入した時点で、故障を念頭に様々な対策をとっておこう。

 

保護フィルムを貼る。意外とやっていない人も多い?

保護フィルムは、画面割れ防止以外に、割れたガラスが飛び散るのを防ぐ効果もある。

 

スマホカバーをつける

ちょっと前に、手帳型のスマホカバーは良くないよ!的な記事をあげたが、耐久性なら手帳型のスマホカバーがベスト。


放熱性などの面もあるので、全体を覆うタイプでなくても構わないから、スマホカバーはつけるようにしよう。

 

落下防止用のストラップ、リングをつける

手が小さくて、スマホが大きい場合にはリングが必須。

 

あと、案外スマホって滑りやすいので、ストラップをつけておくのも忘れずに。

 

 

保証サービスに入っておく

これは賛否両論分かれるところであるが、保証サービスには入っておくことをお勧めする。

 

画面割れはもちろんだが、紛失にも対応してくれる保証サービスがある。

 

故障した時を買い替え時とするユーザー以外は、端末の代金なども考慮したうえで、保証サービスに加入しておこう。

 

購入先での保証サービス

保証サービスの契約は、大抵がスマホ購入時になされる。

 

少し料金が高くなるが(毎月費用が発生)、迷ったらとりあえず加入しておこう。

 

契約によっては、途中で解約することもできる。

 

例えば、楽天のスマホ交換保証プラスだと、月額715円で紛失/故障時に6,600円で新品と交換してくれる。

 

転ばぬ先の杖としては、妥当な金額だ。

 

AppleCare(アップルケア)なら一律3,400円

iPhoneを使用しているなら、AppleCare+に加入しておこう。

 

AppleCare+に加入していて、正規店に修理を依頼する場合は、機種に関わらず一律3,400円で修理をしてくれる。

 

修理を依頼する場合は持ち込みか配送を希望できるのも便利。

 

持ち込みの際は、予約を取って混雑を避けるようにしよう。

 

iPhoneは画面割れしても売れる?

iPhoneだけに限らず、画面割れをしていても売れることは売れる。

 

画面割れをしていても、2万円以上の価格がつくケースもある。

 

同時に、画面割れをしているスマホを買うこともできる。

 

ヤフオクなどでは、画面割れしたiPhoneが販売されている。

 

破格の価格だが、どうか。

 

故障の具合にもよるが、個人的にはお勧めしない。

 

修理代のほうが高くつく可能性が多い。

 

値段につられてはいけない。

 

形あるものは壊れる

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常のひびきあり」

 

どんなに性能の良いスマホであったとしても、物である以上壊れる。

 

壊れた時に慌てないように事前の対策をしっかりやって、壊れた際に慌てることのないようにしよう。

 

今回は以上だ。最後まで読んでくれてありがとう!!

-携帯・スマホ

© 2021 a-little-effort.com Powered by AFFINGER5