携帯・スマホ

サイズの小さいスマホにこだわる!片手で扱えるお勧め機種(2021年3月)

先日、iPhone12miniが売れていない、ってな話をした。


iPhone12miniが売れていない理由、俺の結論は上の記事に譲るとして、専門家的には「消費者は大きなサイズのディスプレイを好むため」という意見であった。

 

実際に、大きなサイズのディスプレイを好む流れはあると思う。

 

動画を見るにしたって、ゲームをするにしたって、LINEでメッセージを入力するにしたって、見やすいほうが良いのは当たり前だ。

 

しかし、ことこの日本においては、小さなサイズのスマホにも根強い人気があると思うんだ。

 

その流れを察して2020年に販売されたのが、ご存知iPhoneSE(第2世代)なのだから。

 

今日は小さいスマホにこだわって、お話をしたいと思う。

 

そのうえで、小さいスマホならこれだろ!ってお勧めの機種を紹介したい。

 

もしも小さいスマホを求めている方がいれば、何らかの参考になれば幸い。

 

小さいスマホとは?小さいスマホの定義

ところで、小さいスマホってなんだろう。

 

まずは、その定義をしないといけない。

 

簡単に言えば、「片手で快適に扱えるスマホ」ということになる。

 

もっと具体的に言うと、

 

  • 「片手でも操作できる幅のスマホ」
  • 「片手で操作し続けても疲れない重さのスマホ」

 

である。

 

これは手の大きさや腕の力などにも依るので、一概にこれ!と断言できないが、大多数の人々にあてはまるのが、

 

  • 幅70mm以下
  • 重さは150gまで

 

といったところではないか。

 

今回は大体このあたりを基準にして考えてみたい。

 

小さいサイズのスマホを選ぶ基準

小さいスマホとは何か、の定義はできた。

 

では次に、小さいスマホを選ぶ基準だ。

 

小さいスマホって、実は色々と問題点がある。

 

良く言われているディスプレイの小ささもあるが、今回小さいスマホを選ぶという前提である以上、それは避けられないものとして基準から除外する。

 

SoC性能が良いこと

最初に、これはどんなサイズであろうと共通することなんだけど、

 

SoC(CPU)の性能が良いこと。

 

これが低いと、サイズとか関係なくとにかくストレスがたまる。

 

小さいスマホでハイスペックを要求されるゲームをやる!ってのは、どうにも道理に合わない気がするので、あくまで普通程度に優秀なSoCを持った機種で考えたい。

 

これは大体、snapdragon700番台であると思われる。

 

バッテリー持ちの良さ

小さいスマホの問題点は、バッテリーの持ちの悪さ。

 

iPhon12miniも、ある限定された条件で極端にバッテリー持ちが悪くなる!ってことで一時期話題になっていた。

 

確か、3Dのゲームか何かをすると極端にバッテリーが減ってしまう現象だった気がする。

 

まあ、それは特殊な例として、小さい端末はどうしたって小さいバッテリーしか搭載できないのだから、辛いものがある。

 

なので、

 

バッテリーが長持ちすること

 

これを基準として入れていきたいと思う。

 

無論、価格なんかも大切なファクターだが、これはその人のサイフの中身によっても違うので今回は触れない。

 

ということで、

 

  • SoCの優秀さ
  • バッテリー性能の良さ

この2つの点を基準として端末を見ていきたい。

 

バッテリー容量についての補足

さっさと自分なりにお勧めのスマホをあげたいのだが、もうちょっと辛抱して聞いてほしい。

 

それは何かというと、バッテリー容量はあくまで目安でしかないってことだ。

 

どういうことかというと、SoCの性能が高い場合それだけ大量の容量を喰うので、バッテリーが多少容量が大きくても、バッテリーが少ないものより長持ちしない可能性があるということ。

 

5000mAhが3000mAhに負けることだってありうるのだ。

 

バッテリー容量はあくまで目安でしかない、ということを覚えておくと良いのではないか。

 

小さいサイズのスマホはこれがお勧め!!

前置きが長くなったが、俺だったらこれを選ぶ!ってのを挙げていきたい。

 

費用に応じて3機種。

 

まずは価格が安いものから。

 

Rakuten Hand(2万円以下)

価格2,0000円 楽天ポイント還元で実質0円

 

楽天経済圏の人間だから肩を持っているわけではないが、この価格でこの性能は反則レベルだと思う。

 

以下、推しとなるスペック

63mm
重さ 129g
ディスプレイ 5.1インチ 有機EL
SoC snapdragon 720G
内蔵メモリ(RAM / ROM) 4GB (RAM) / 64GB (ROM)
メインカメラ 4,800万画素
バッテリー容量 2,750mAh

 

バッテリー容量はそれほどでもないが、1時間ほどYoutubeを見ても残量が90%ほど残るらしい。

 

あと、とにもかくにも安い!安いは正義だ。

 

楽天モバイル、ポイント還元で0円!

 

楽天モバイル自体が持っているだけなら0円(1GB以下)なので、とりあえず持っておいて損はない。

 

ただし、eSIMに対応するキャリアの回線でしか使えないという縛りがある。

 

続いて、ミッドレンジランクの価格の機種。

 

Google Pixel 4a(ソフトバンク)(4万円台)

69.4mm
重さ 約143g
ディスプレイ 5.81インチ 有機EL
SoC snapdragon 730G
内蔵メモリ(RAM / ROM) 6GB (RAM) / 128GB (ROM)
メインカメラ 1,220万画素
バッテリー容量 3,140mAh

 

これもバッテリー容量はそれほどでもないが、1時間ほどYoutubeを見ても残量が90%ほど残るらしい。

 

夜景や逆光のなかでも良い写真が撮れる、良質なカメラ性能でも有名。

 

最後にハイスペックスマホ。

 

Galaxy S20 5G(ドコモ、au)(8万円台)

69mm
重さ 163g
ディスプレイ 6.2インチ 有機EL
SoC snapdragon 865
内蔵メモリ(RAM / ROM) 12GB (RAM) / 128GB (ROM)
メインカメラ 6,400万画素
バッテリー容量 4,000mAh

 

ちょっと重いが、スペックに関しては小さなサイズのスマホとしては最強レベル。

 

カメラも大変に高性能。

 

ただ、容量については、SoCが優秀過ぎるせいか、Youtube動画を1時間見ると残量が80%台まで下がる。

 

あとはお財布と相談

お財布の中身とも相談だが、上記の3機種は小さいサイズのスマホを選ぶならば鉄板だと思う。

 

なお、価格が8万円台なら、前回記事にしたiphone12miniも当然のようにお勧めするスマホに入ってくる。

 

ということで、小さいサイズのスマホについて、俺なりにこれはいいんじゃないか?ってところを述べてみた。

 

他にも、いや、小さいサイズはこれだろ!ってご意見があれば、ぜひともコメント欄などでお知らせ願いたい。

 

俺ならばこれ!っていうの、結構楽しいよね(´▽`)b

 

ということで、今回は以上だ!最後まで読んでくれてありがとう!!

-携帯・スマホ

© 2021 a-little-effort.com Powered by AFFINGER5