携帯・スマホ

キャリアメールはいらない。代わりのサービスとLINE個人情報問題を考察。

 

ご存知のように、3大キャリアの新料金プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」では、キャリアメールが使えないようになった。

 

そもそもキャリアメールなんて必要ない!って思う俺であるが、本日はキャリアメールの代わり使えるサービスについて、考えていきたい。

 

 

キャリアメールとは

キャリアメールとは、ドコモ、au、ソフトバンクなどが提供する電子メールサービス。

 

具体的には、

 

〇〇〇.dokomo.ne.jp

〇〇〇.ezweb.ne.jp

〇〇〇.softbank.ne.jp

 

などのドメインを指す。

 

 

スマホやガラケーで利用できるサービスなので、「携帯メール」と呼ばれることもある。

 

対して、PCなどでやりとりされるメールは、「Webメール」とか呼ばれる。

 

キャリアメールの必要性→はっきり言って不要

キャリアメールの必要性は、はっきり言って無い。

 

かつてはメールなどが通話以外の通信手段の主流だったが、今ではもっと色々なサービスができた。

 

yahooメールをはじめとしたフリーメールがあるし、その中でもビジネスでの使用にも耐える高性能なGmailがある。

 

なによりもメールより手軽な通信手段であるLINEの存在も大きい(最近、良くないニュースが流れているが)。

 

キャリア側も、今や若者がキャリアメールを不要としているという判断からキャリアメールサービスを除外した。

 

ただ、それを利用していた人がいるのも事実。

 

今回の新料金プランでのキャリアメール不採用で、完全に過去の遺物になる可能性大なので、この機会にキャリアメールから離れてしまおう。

 

キャリアメールの代わりになるもの

キャリアメールの代わりになるものとしては、前述したGmail、yahooメール、LINEなどがある。

 

Gmail、yahooメール

Gmail、yahooメールともに、PC、スマホそれぞれアプリがある。どちらでも使えるので便利。

 

Gmailが特におすすめ(自動で迷惑メールを振り分ける機能やブロック機能などが付属)だが、メールアドレスは最低でもビジネス用とプライベート用で2つは持っていたいところ。なので両方登録しておこう。

yahooメール→Gmailの順で登録を

Gmailを登録するには、Googleアカウントを作成する必要があるが、その際に現在使っているメールアドレスか電話番号を登録しないといけない。

 

なので、yahooメールを登録して、それを使ってGmailを登録すると、両方登録できて楽。

 

Gmailを仕事用に、yahooメールをプライベート用に使うのがお勧め。

 

Googleアカウントを持っていると、クラウドストレージサービスなども使えてお得。

 

というか、AndroidユーザーはGoogleアカウントを持っていないと首を傾げられるレベルなので、とりあえず登録しておこう。

 

yahooメール登録

Google アカウント作成

 

注意すべきポイント

注意すべきポイントとして、Gmailはwebメールなので、キャリアメールを使っている人がwebメール受信拒否設定をしていると、メールが届かなくなる、などが挙げられる。

 

LINE

キャリアメールをなくさせた原因のなかに、LINEでの手軽なコミュニケーションがある。

 

LINEでの個人情報問題

昨今、LINE利用者の個人情報が暗号化されておらず、中国・韓国から閲覧可能になっていたという事例が発生した。

 

自治体のなかにはLINEを使った行政サービスを即座に停止した場所も出た。

 

ただ、これってけっこう前から言われていたネタではないかといまさら。

 

そもそもLINEの親会社は韓国じゃないかと、うんぬん。

 

とりあえず、最低限度下記のセキュリティ対策はしておこう。

 

 

LINEセキュリティ対策(設定方法)

まずは、右上の歯車からプライバシー管理へ。

 

パスコードの設定

LINEを開く際のパスコードを設定しよう。

 

これを忘れると、LINEが二度と開けなくなるので注意!

 

アプリを削除、再インストールしないといけなくなる。

 

「Letter Sealing」がオンになっているか確認

「Letter Sealing」がオンになっているか確認。

 

初期設定のままならオンになっているはず。

 

メッセージを相手に届けるまで暗号化してくれる。

 

外部アプリからのプロフィールアクセス拒否

外部アプリからのプロフィールアクセス拒否、あるいは「お互いに友達の場合は許可」にしておく。

 

外部アプリとLINEが連携していると個人情報が洩れるかもしれないので。

 

友達自動追加機能をオフ

友達自動追加機能をオフしておかないと、電話帳に登録されている人がLINEでも勝手につながってしまう。

 

機密情報などが流れる可能性があるので、オフ。

 

メッセージの受信拒否

メッセージの受信を拒否にしておくと、友達以外からのメッセージを拒否できる。

 

個人情報などをそもそもやりとりしない

個人情報などをそもそもやりとりしない。

 

これはLINEだけではなくて、ネット全般に言えること。

 

覗かれて困る情報は、基本的にネットにあげない。

 

決済などの手段に関しては避けようがないところもあるので、それはクレジットカード会社からの請求をしっかり見て、妙な請求がないかを確認。

 

ネット上での個人情報の扱いは、「自分で管理する」のが基本。

 

LINEの代わりになるもの

LINEの代わりになるものとして、当面はInstagramのダイレクトメッセージの利用を勧める。

 

俺も良く使うが、使いやすくて便利だ。

 

利用者の数も多いのし、若者にも人気。こちらを使うことをお勧めする。

 

キャリアメールは過去の遺物

時代とともに通信手段が変化するように、サービスも変化する。

 

キャリアメールがなくなって困る!的な感性は、今の時代にはもう合わない。

 

キャリアメールがなくなるのか、じゃあ今度はこれを使ってみよう!という柔軟性が必要。

 

面倒くさがらず、新しい風を取り入れよう。

 

ということで、今回は以上だ。最後まで読んでくれてありがとう!!

-携帯・スマホ

© 2021 a-little-effort.com Powered by AFFINGER5